フレンチブルドッグ子犬販売情報

犬に優しい社会へ
10年間で600犬舎以上、実際に訪問
犬舎環境を把握の上優良ブリーダーを厳選
人と子犬が共に幸せになる架け橋へ

77 件中 11 ~ 20 件を表示 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] <<前の10件 次の10件>>
仔犬No
FB092903
犬種
フレンチブルドッグ
性別
男の子
毛色
ブリンドル
誕生日
2023/9/29
居住地
兵庫県
神戸店にてご見学頂けます。  フレンチブルドッグ専門
■血統

◎優良血統

◎消費税・血統書発行費用・ワクチン代・マイクロチップ費用込み(送料別)
 

仔犬No
FBP0207
犬種
フレンチブルドッグ
性別
女の子
毛色
パイド
誕生日
2023/2/7
居住地
兵庫県
EXCELLENT PUPPY🏆  父外産チャンピオン犬!

■血統

父犬・・・◎外産犬(ロシア名門ブルドゴフ犬舎)・JKCチャンピオン 毛色:フォーン

母犬・・・◎代々ヨーロッパ優良家系 毛色:パイド

◎初回ワクチン費用・血統書発行費用・消費税込み(送料別)

仔犬No
FB092901
犬種
フレンチブルドッグ
性別
男の子
毛色
ブリンドル
誕生日
2023/9/29
居住地
大阪府
大阪靭公園前店にてご見学頂けます。 フレンチブルドッグ専門

■血統

◎優良血統

◎消費税・血統書発行費用・ワクチン代・マイクロチップ費用込み(送料別)
 

仔犬No
FBO110102
犬種
フレンチブルドッグ
性別
女の子
毛色
パイド
誕生日
2023/11/1
居住地
兵庫県
神戸店にてご見学頂けます。 Excellent Puppy 🎀 当店看板犬キャサリンパピー

◎血統書発行費用・初回ワクチン代・マイクロチップ装着費用込み(消費税・送料別)

仔犬No
FBO102001
犬種
フレンチブルドッグ
性別
男の子
毛色
パイド
誕生日
2023/10/20
居住地
大阪府
Excellent Puppy🎀  当店看板犬ヘレンパピー 呼び名:タビー

◎消費税・血統書発行費用・初回ワクチン代・マイクロチップ装着費用込み(消費税・送料別)

仔犬No
FBT081601
犬種
フレンチブルドッグ
性別
女の子
毛色
フォーンパイド
誕生日
2023/8/16
居住地
兵庫県
神戸店にてご見学いただけます 

◎両親良血統

◎消費税・血統書発行費用・初回ワクチン代費用・マイクロチップ装着費用込み(送料別)

仔犬No
FBO102002
犬種
フレンチブルドッグ
性別
男の子
毛色
パイド
誕生日
2023/10/20
居住地
大阪府
Excellent Puppy🏆  当店看板犬ヘレンパピー  呼び名:7(セブン)

◎消費税・血統書発行費用・初回ワクチン代・マイクロチップ装着費用込み(消費税・送料別)

仔犬No
FBT081604
犬種
フレンチブルドッグ
性別
男の子
毛色
フォーンパイド
誕生日
2023/8/16
居住地
兵庫県
神戸店にてご見学いただけます 

◎両親良血統

◎消費税・血統書発行費用・初回ワクチン代費用・マイクロチップ装着費用込み(送料別)

仔犬No
FBT113001
犬種
フレンチブルドッグ
性別
男の子
毛色
ブリンドル
誕生日
2022/11/30
居住地
兵庫県
神戸店にてご見学いただけます フレンチブルドッグ専門   父犬チャンピオン犬

■血統

父犬・・・ チャンピオン犬  毛色:クリーム

母犬・・・外産の血を引く優良家系 毛色:ブリンドル

◎初回ワクチン代・消費税・血統書発行費用・マイクロチップ費用込み(送料別)

仔犬No
FBT111403
犬種
フレンチブルドッグ
性別
女の子
毛色
パイド(黒多め)
誕生日
2022/11/14
居住地
兵庫県
神戸店にてご見学いただけます  フレンチブルドッグ専門 

■血統

◎両親良血統

◎初回ワクチン代・消費税・血統書発行費用・マイクロチップ費用込み(送料別)

77 件中 11 ~ 20 件を表示 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] <<前の10件 次の10件>>








注意喚起!!子犬選び間違わない為にも、お読みください。

◎注意噴気①
子犬を迎える前にお読み頂きたい注意点、ブルー、ブルーフォーン、ライラックタン等の毛色は注意が必要です。
ブルー、ブルーフォーン、ライラックタンなどの毛色は純(正式な)毛色の仔犬ではありません。
近年増えてまいりましたブルー、ブルーフォーン、ライラックタン等、正式に認められていない毛色には特に注意が必要です。
現在日本でも上記毛色のフレンチブルドッグを見る機会が増えてまいりました。
このような毛色の子犬を生ませたり、販売をしているブリーダーやお店が増えていることに、かなりの危機感を覚えております。
まず正式に定められていない毛色の子犬は、もともと皮膚の強い犬種とは言えないフレンチブルドッグに、より多くの皮膚トラブルや新たな疾患のリスクを増やしてしまうことは言うまでもありません。
ただ単に珍しい毛色、目立つ毛色という事で触ることは大いに注意が必要であり、後で知らなかったと後悔することになるかも知れません!
迎えた後は十数年を共に家族の一員として一生涯を育てて頂かなくてはなりません。
健康面でも確立がされてない毛色を生ませている繁殖者については、迎えた後のご家族様方の健全なドッグライフを想定してブリーディングしているのか疑問でなりません。 迎えた後は十数年を共に家族の一員として育てて頂かなくてはなりません。
健康面でも確定がされてない毛色を生ませている繁殖者については、迎えた後のご家族様方の健全なドッグライフを想定してブリーディングしているのか疑問でなりません。
営利目的だけで産ませる繁殖は行うべきではなく、犬種毎のスタンダードに沿った健全なブリーディングを心掛けて頂くよう切に願います。
子犬選びのポイントでも少し触れていますが、ミックス犬もまさしく同等です。
パスレルワンではお付き合いするブリーダーさん方の中でもミックス犬は一切取り扱いを致しません。
各々の出やすい病気が確立していない犬種を新たに産ませる以上、先程と重なりますが、健全なブリーディングを心掛けているとは到底言えるものではなく、その繁殖者自身の信念も感じられません。単にミックス犬が高く売れてしまう、逆に言うと高く買ってしまう飼い主さん側のモラルも問われてしまいますが、安易な掛け合わせてお金儲けだけ現(うつつ)を抜かしているパピーミルと言いようがありません。
ミックス犬を取扱しているブリーダーさんに10年間で600犬舎以上実際に訪問をしてきた身として、お勧めは一切いたしませんので併せて子犬を迎えられる方々の知識を高めて頂けましたら幸いでございます。


◎注意噴気②
子犬を迎える前にお読み頂きたい注意点、クリームにも注意が必要です。
まず、フレンチブルドッグの毛色は主に4つに分類されます。
ブリンドル(原色)、フォーン (原色)、クリーム、パイド

毛色の違い、子犬を迎える上での毛色のポイント・注意点をご紹介いたします。
一番人気の毛色と言って良いクリーム色。
クリームはヨーロッパを基準とするFCI基準の日本(JKC)では、純(正式な)毛色ではなくなりました。但し、同じくペット先進国でありますアメリカ(AKC)では現在も純(正式な)毛色のままです。
ブルーやライラックタンが増えてきて少し油断されがちなクリーム色ですが、色素の薄い子や皮膚のトラブルが多い点がありますので下記内容をお読みいただき、失敗しないようご注意くださいませ。
一番人気の毛色と言って良いクリーム色。
クリームの場合、色素の薄い子や皮膚のトラブルが多い点がありますので下記内容をお読みいただき、失敗しないようご注意くださいませ。
一番人気のクリーム色を迎える上でとくに注意が必要な点は、 日本の場合、需要と供給の原理で、人気=高額となってまいりますので、パピーミル(大量繁殖者)は、クリームを産ませたいと考えます。
フレンチブルドッグの人気もここ数年で高まり、認知度も増え、今までフレンチブルドッグに手を出していなかった繁殖者たちが、次々とフレンチブルドッグを繁殖しだしました。
その結果、パピーミル(大量繁殖者)は、一番人気で高額で売れるクリームを量産させ、経験の浅い無知なブリーディングが横行し、クリームの犬質は残念ながら年々大幅に下がってきております。
理由しましては、パピーミルたちは、健全なかけ合わせというものを、そもそも考えません。 原色に該当しないクリームとクリーム同士でかけ合わせを行い、子犬もクリームの毛色を生み出します。 もともと、色素の薄いクリーム同士のかけ合わせは、奇形児が生まれやすい点や、皮膚のトラブルが起こりやすい、病気のリスクを上げてしまう等、デメリットしか生みません。 基本は、父犬や母犬のどちらかが、原色のブリンドル、フォーンとのかけ合わせで産ませないといけません。 両親がクリーム×クリームのかけ合わせの場合は、最低でも、父方、母方の祖父母の毛色に、ブリンドルかフォーンは必須となります。 祖父母含め2代前までクリームだらけでのかけ合わせは、その行為自体がパピーミルとしか言いようがありません。

フレンチブルドッグという犬種の基本の毛色は、ブリンドル、フォーンとなります。
健全な繁殖を志すために催されるドッグショーの世界でも、ブリンドル、フォーンの毛色がチャンピオン犬として選ばれる機会が圧倒的に多く、この原色の毛色は外せないということです。
犬質、身体の強さを考慮すると、原色のブリンドル、フォーンははじめてフレンチブルドッグを迎えられるご家族様にはお勧めの毛色と助言できます。

◎それでは、原色ではないクリームやパイドを選ぶ際はどうしたら良いのか?

1.両親の毛色・祖父母の毛色までしっかり見る。
2.アイラインがしっかり入っているか確認する。
3.お鼻が黒いか、パットが黒くピンク色などではないかを確認する。
*3に関しましては、お鼻が黒くない。足裏がピンクのままでも、健全なかけ合わせから生まれた色素の濃い子も中にはおります。

日本では、犬質の高い子を迎えたい場合、原色のブリンドルやフォーンの毛色の子を迎える方が無難と言わざる点があります。 健全な子をお迎え頂ければ、犬種的に皮膚が弱い等よく言われますが、早々にトラブルの出る犬種でもありません。 フレンチブルドッグをしっかり理解され、犬質向上に努められているたブリーダーさんから迎えた子犬は、例え少しお値段は張ったとしても、その後のケアや、育て方がずっと楽になります。 皆様には入り口を是非間違えずに、楽しいフレンチブルドッグライフを過ごしていただきたいと願っております。
当方でご紹介いたしますブリーダーさんたちの子犬は上記ポイントをしっかり理解され健全なブリーディングを行ってきておられている方々です。 どうぞご安心の上お迎えくださいませ!また他にもご相談されたいというご家族様はご遠慮なく当方までお問い合わせください。

フレンチブルドッグのスタンダードについて


すべてのマスティフタイプの犬同様、モロシア犬に由来。19世紀の半ば、イギリスのレース職人たちがフランスに集団移住した際、小型のブルドッグたちを一緒にフランスに持ち込みました。
そしてフランスでもその愛らしい小型のブルドッグたちは、たくさんの人々を魅了し、パリで大流行することになります。
フランスのブリーダーたちはこの犬に「ブルドッグ・フランセ(フレンチ・ブルドッグ)」という名前を付け、19世紀も終わりになると、フレンチブルドッグは、上流社会や芸術家の世界にも受け入れられ、急速に広まっていきました。ちょうどその頃、フランスに来ていたアメリカ人が、何頭かをアメリカへ連れて帰り、熱心に繁殖を始めました。そして1898年、優雅なフレンチ・ブルドッグだけのショーが開催され、観衆を魅了します。
上流社会でのフレンチ・ブルドッグの人気は急上昇し、アメリカで人気ナンバーワンのショードッグに輝くことになりました。
そして現在も多くの人々を魅了し続けています。
フレンチブルドッグは人と遊んだり、家族を喜ばせたりするのが大好きで、 飼い主に抱かれたり、寄り添ってうたた寝したりすることに幸せを感じます。
人懐こく、愛情豊かな明るい性格の持ち主です。
フレンチブルドッグは、低く重心を落とした体型、 幅の広い胴体、大きな骨、発達した筋肉、大きく四角い頭部で 全体的にプロポーションは短く、コンパクトである。 被毛はなめらかであり、頭部から肩の周辺にしわがある。 また、ピンと立ったコウモリ耳、自然に短い尾も特徴です。

ブリンドル

褐色、黒などの混じった色。 地色によりダーク(暗色)な差し毛のあるもの。 またブリンドルの中でも明るい差し毛はっきりと 入っているものを「タイガーブリンドル」とよぶ。


クリーム

薄くて明るい黄褐色。クリーム色の単色。


フォーン

クリームよりも濃い茶系の色。 ライトブラウンからレッドまで、濃淡はいろいろ。


パイド

白をベースにブリンドルやフォーンが部分的に 入ったタイプ。 模様の入り方がいろいろ。 白にフォーンが入るタイプは「ハニーパイド」 と呼ばれる。
原産地フランス
標準体重雄 11kg~13kg 雌 8kg~12kg
標準体高雄28cm~33cm 雌28cm~33cm


フレンチブルドッグよくある質問


フレンチブルドッグは暑さに弱いと聞きますがお散歩はどうすれば良いですか?
フレンチブルドッグは短吻犬種となりますので暑さにとても弱い犬種です。夏場の陽が射時間帯は、お散歩は控えて下さい。夕方もアスファルト等は熱が混もっておりますので、肉球のやけどには注意が必要です。早朝か、夜のお散歩が良いです。

フレンチブルドッグは多頭飼いに向いていますか?
フレンチブルドッグに限らず、ワンコは元々群れで生きてきましたので、飼い主様の方でお世話の手間と、経済力が問題ないようでしたら、是非お勧め致します^^多頭飼いのポイントは先住犬をリーダー犬として立ててあげる事です。明確に先住犬が一番という事を下の子に飼い主様やご家族様もご協力の元、多頭飼いをスタートしていただければ無駄な争いも無く、上手くドッグライフを楽しんで頂けます。当方で巣立ったオーナー様も多頭飼いされる方々が多く、皆様口を揃えて『なんだかんだ気がついたら二頭ならんで眠っている姿に癒されるw』と、日々癒されながら楽しまれておられます^^

いきなりスイッチが入ったかのように猛ダッシュで走り出します!大丈夫でしょうか?
よくあることです(笑)^^ダッシュしている表情もたまらなく可愛いですよね☆何かにぶつけないようにだけ注意してあげてください。また滑る床ですと、滑って関節や足を痛める原因になりますのでご注意ください。

フレンチブルドッグの魅力・店長の雑談


フレンチブルドッグは私自身愛犬のブノンと出会いこの業界に入るきっかけとなりました犬種です。
フレンチブルドッグはブサ可愛いとして、ここ数年大変知名度と人気も上がりました☆
ドッグショーの標準的には、一昔前のずんぐりむっくりな時と変わり少し体高もないと現在のドッグショーでは勝てない部分もあります。
家族の一員としては最高のパートーとなってくれる犬種です^^人が大好きで、たまに誰にでも尻尾を振るので、腹も立ちますが(笑)
気も優しく、他の小型犬にも負けている子をよく見ます。。フレンチブルドッグのオーナー様は皆様よくこの言葉を口にされます。『いろんな表情が豊かで飽きない犬種だ』たしかに飼育され見てはわかると思いますが、10分に一度は笑かしてくれますよ^^
初めて飼育される方でも、暑さに弱い犬種ですので、熱中症には注意していただき、しわなど、なかなか拭きづらいところのケアを行って頂ければ、お勧め度抜群のブヒbabyとなります。是非素敵なフレンチブルドッグライフをお送りください・・・☆★☆