休業要請緩和により5月16日より午前11より17時までの営業を再開させて頂きます。皆様のご来店を心よりお待ちしております。(2020.5.15)

  • Wish
  • パスレルフレンチの使命
ペット業界をより良い形へする為、本気で取り組んでおります。当店の使命・役割につきまして書かせて頂いております。
子犬をお迎えするにあたってお役立ちになる内容も記載しておりますので是非お読みください。



子犬を見る目を養う


子犬を迎える方法は、子犬選びのポイントで述べました通り、いろいろと方法はございます。
日本のペット業界で大きな問題点が、未だにペットの殺処分が行われている現実です。愛犬家たちの切なる共通の想いは、殺処分されるワンコが0となり、迎えられたワンコたちが人と共に生涯を幸せに全うしてくれることだと思います。
殺処分0を実現の為、保護活動、里親探し、シェルターの増設等、ここ数年様々な取り組みも加速されております。
減少の一途をたどってきている今でこそ、0にする為、必要なことこそが、
"子犬を迎え入れるご家族様自身の目を養うこと"
だと強く感じます。
日本では、至る所でワンコが展示されており、安易に触れ合える機会が設けられております。子犬の時の可愛さににつられ、成犬になった時の大きさ、成犬時の容姿(未来予想)を想像することなく、安易にドッグライフのスタートを切られている方々もまだまだ多く、その様な場を必要以上に設けてしまっている業界全般にももちろん責任があると思います。
子犬を迎える上で、親犬や祖先の血筋を見ることで、成犬になった時の容姿が想像でき未来予想を立てれることが、とても重要です。また、成犬になったときにどれ位の力が付くのか、犬種的にどのような疾患が出やいすか等、犬種の特性を理解したうえで迎えなければなりません。
100%は、命あるもの難しい世界となります。もしものケースもはじめから想定に含めておき、生涯を全うさせてあげれる経済力をご準備の上、スタートしなければなりません。


パピーミル(大量繁殖者)の蛇口を止める


どの業界でも需要と供給というものがあり成立します。残念ながらペット業界では、発情が来る度、子犬を生ませ続けバランスを崩し、供給し続ける殺処分の根源パピーミル(大量繁殖者)が多く存在しております。まずはこの蛇口を止めなければなりません。
子犬を迎え入れるご家族様方の目が養うことにより、犬質や健康面も考えず、売る為だけに大量に産ませ続けるパピーミルから、子犬を迎え入れることを防ぐことができます。
日本で一番多く迎え入れられる形態であるペットショップで子犬を迎える場合には、犬質をしっかり見極める目を養い、パピーミルの子犬を迎え入れる機会を減らしましょう。
ペットショップでは、環境や親犬も見られることのない、パピーミルの子犬が、綺麗なショーケース等に展示され、良い部分だけしか見えず、迎え入れられて(売れて)しまう為、パピーミルも味を占め、産ませ続けている負のトライアングルが起きてしまっているのです。
例えば、販売者に犬舎環境の開示や、親犬の情報開示を要求していくことも良いと思います。皆様がパピーミルから子犬を迎え入れなければ、当然ながらショップや業者はパピーミルから子犬を買わなくなるのです。
また近年では、繁殖者より子犬を迎え入れられるブリーダーの投稿サイトや販売ツールが増えてまいりました。投稿サイトを利用する注意点としまして、環境面を見てお断りしてきた犬舎が数多く掲載されており、なぜか高評価が綴られております。一般の方、素人を良いことに、上手く言いくるめたり、騙せてしまっているのでしょう。一般の方の指標となる評価も運営者は手数料を繁殖者から得ることだけに着手し、悪い評価は掲載せず、無料をうたい文句に利用者を煽っております。繁殖者から成約手数料を取得している時点で、無料利用と記載することは、運営者側サイドにも違和感を大きく感じます。投稿サイトで猛威をふるうパピーミルに騙されることなく、優良なブリーダーとの区別ができるようにならなくてはなりません。十数年を共にするご家族様の一員です。普段会うことのない、知識の浅い状態でのパピーミルとの接触、『どこも、こんなものなんだろう・・』と、子犬の可愛さだけに妥協し、誤った解釈のまま迎え入れると、パピーミル(大量繁殖者)たちが蛇口を止めない原因を作ってしまうのです。

入り口を間違えない


当方では、子犬を迎えられたいご家族様が入り口を間違えないよう良縁をつなぎをすること、それが殺処分軽減にも大きくつながると信じ取り組んでまいりました。
当方よりお迎え頂きましたご家族様たちは、大事に大事に家族の一員として、愛犬を育ててくださいます。
また、当方よりご紹介しておりますブリーダーさん方は、犬舎環境を実際に把握させて頂き、犬種標準向上に取り組んでおられる方々です。また一個人としてもお付き合いの出来る、信用の出来るブリーダーさをご紹介させて頂いており、愛情深い方々であります。
現在、日本では、『ブリーダーさんから迎えれば大丈夫』がトレンドになっております。当方はその様な状況に、本来喜ぶべき形であるのですが、日本の繁殖者たちの現状を踏まえると逆にすごく危険な時代でもあること、パピーミルを余計に潤わせてしまい、ペットショップの唯一メリットと言えますプロのフィルターが入ることもなく、素人のお客様との直接の契約に被害がより増えないことかと心配しております
どうぞ皆様、せっかくスタートされるドッグライフのスタートを間違われないでください。スタートを間違えず、健全なドッグライフをスタートすれば、ワンコのいる生活は本当に良いものです!
一愛犬家としまして、この業界を本気でより良いものへ変えたいと取り組んでおります
困った際にはご遠慮なく当方をご活用くださいませ!精一杯お役に立てます様努めさせていただきます☆★☆